近年の墓事情

墓地に関する基礎知識についてご紹介!

こちらのサイトでは、墓地に関する情報を紹介しています。例えば、税金に関すること、購入する際の流れ、守らなければならないマナー、地域ごとのお墓の違いについてなど、幅広く扱っています。そのため、お墓のことでわからないことがあれば、こちらのサイトを確認することで解決することができます。すぐにお墓が必要ではないという方も、あらかじめこのサイトを見ておけば、いざお墓が必要となったときにもスムーズに対応することができます。

それぞれの地域によって墓地の形が違う意味とは?

それぞれの地域によって墓地の形が違う意味とは? 墓地は、死んだ人を弔うために建てられるものです。そして、弔い方は地域ごとの特殊な事情が関係してきます。
そのため、地域ごとに墓地の形が異なることになります。これは国内に限らず、世界中を見ても明白です。宗教によっても異なります。
どのような形のお墓を購入するのかは、その地域や亡くなった人の宗派を意識して選ぶのが適切です。
これについては、お墓を販売しているお店であれば、事情が分かっているので、もしわからないことがあれば相談すると良いでしょう。丁寧に対応してもらうことができます。
また、実際に墓地を訪れて、どういったお墓が立てられているのかを見てみると、そこの場所で選ばれているお墓の形を知ることが可能です。

昔の墓石を新しい墓地に使用することはできる?

昔の墓石を新しい墓地に使用することはできる? 昔の墓石を新しい墓地に使用することができるかどうかは、墓地ごとに取り扱いが異なります。それぞれ規定を設けていて、区画も異なるため、持ち込めないとしているところも多いです。
ただし、持ち込んで利用することができるとしているところもありますので、事前にそれが可能かどうかを確認するようにしましょう。
もし持ち込めるのであれば、その分新しい墓石を購入する必要がないため、コストを抑えることが可能となります。
ただし、これについても留保があり、基礎工事に必要な費用や運搬費を考慮すると、かえって持ち込んだ方が高くなるケースもあります。
墓地を引っ越す場合には、従来利用していたところは更地にして返さなくてはならないため、そのための費用も掛かります。
したがって、どのくらいの移動を考えているのかや、どれくらいの規模なのかという事情も考えて、トータルでどちらが安くなるのかは見て、できれば安い選択肢を取った方が良いでしょう。
もし、金銭面は気にせず、今まで使用していた墓石を引き続き利用したい、というのであれば、前述のように昔利用していた墓石を移動して設置することが可能かどうかを確認して、設置ができるところを探す必要があります。

墓地に関する情報リンク

820年以上の歴史の中に存在してきた屋外従来型墓地のサイト

墓地 大阪